ホワイトハウスを手中に収めたトランプ氏はオバマ大統領のレガシーを廃絶するだろうだが、景気拡大が終盤にさしかかる中、彼に吹いているのはフォローの風だけではない国民を満足させるには成長が不可欠だ。保護主義を貫けば自身に火の粉が降りかかる。