ドイツでは今、「インダストリー4.0」の第2幕とも言える新しい動きが起きている。担い手が、従来の大手から中堅・中小企業に移り始めているのだ。政府が掲げる錦の御旗の下、ドイツが1つになろうとしている。