「我が社もこのインダストリー4.0を推進したいんだが、どうすればいい?」今年の仕事始め。富士通の営業部員たちが客先回りをしていると、大手メーカーの経営者からこう切り出された。 「えっ?」。あまりに突然の問い掛けに戸惑っていると、その経営者は高揚した面持ちでこう続けた。 「ともかく御社でこの領域に詳しい人を説明によこしてほしい。すぐにだ」 ふと目線を経営者の手元に移すと、手には新聞や雑誌の記事の切り抜きが握られていた。タイトルを盗み見ると、そこには「IoT」「スマート工場」などの文字が躍っていた──。