監視技術は仕事場に広く普及している。スマホもパソコンも、操作は会社に筒抜けだ。オフィス内は「壁に耳あり障子に目あり」。皮膚振動から、深層心理すらも読み取られる。

(写真=ロイター/アフロ)
スマホ監視で取れる情報(例)
インターネット接続したアドレスや時間
電話の発着信情報(相手、日時、通話時間)
アプリの利用情報(日時、アプリ名、利用時間)
1分や3分ごとの位置情報(移動履歴)
メールの送受信相手や内容
遠隔で画面ロックやデータの初期化
SDカードの抜き差し

 東京都心、とある公園の昼下がり。ビジネスパーソン風の男女が熱心にスマートフォンの画面をのぞきこんでいる。取引先とのアポイントを取るメールか。帰りが遅いことを知らせる家族へのメッセージか。はたまた、最近はまっているアプリのゲームか。そのスマホが会社からの貸与品なら、行動はきっと筒抜けになっている。

 業界関係者によると、日本では約350万台のスマホが常時、会社から監視されているという。主役は「MDM」というモバイルデバイス監視ツールだ。

1分ごとに居場所を特定

 数あるMDMの中で近年、評価を高めているのが、エムオーテックス(大阪市)の開発した「ランスコープAn」だ。スマホを持つ社員がどこで、何をしているのか、詳細なデータが取れることをアピールし、導入社数は既に3500社に達した。