デジタル音痴社長が経営を牛耳るうちに、海外から取り残された日本企業。その背景には、国内企業のシステム部門がたどってきた苦難の歴史がある。音痴体質から脱却し、「IT亡国」を防ぐには、企業は何から着手すればいいのか。