糖質制限の影響が及ぶのは、飲食業界の中だけとは限らない。懸念されるのは、間違ったやり方が広まることで、サービスの低下が起きる分野があることだ。先進企業ほどその重大さに気付き、本気で対策を立て始めている。

タクシー運転手は牛丼やファストフードなど糖質がたくさん含まれた食事が多い。代表的なチェーン店の看板(写真はイメージ)(写真5点=菅野 勝男)

 「四十数年ずっと無事故、無違反でしたからね。本当にショックで」。大阪で個人タクシーを営む足立祐介氏(仮名)は、生まれて初めて起こした物損事故をこう振り返る。

 事故は8月下旬、立て続けに2度起きた。まず、自宅がある大阪府豊中市内の狭い路地で路肩に車を寄せた時、縁石にホイールが接触。さらに数日後、中国自動車道に上がる際、料金所のゲートにミラーをぶつけた。約5万円の修理代に加え、休業日の売り上げ減で10万円以上の損失になったという。

 「原因は、糖質制限ですわ」。足立氏はぶぜんとした表情でこう話す。

続きを読む 2/3 脳梗塞を機に実践したが…

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3236文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 糖質制限パニック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。