うどん、お好み焼き、ラーメン…。日本人の大好物の周辺で、妙な動きが起きている。料理の核となる麺やご飯などの炭水化物を控えようとする現象が全国に広がっているのだ。背景には、数年前から国内で広がり始めた新型健康法「糖質制限」がある。