> PART2 トップ

日本企業にとって中国の司法制度への対応が急務となっている(写真=町川 秀人)

 「あまりにもソックリすぎる。並べても分からない」。今から3年前の2014年、家電メーカー関係者の間で、こう話題になった2つの商品があった。

小米が発売した空気清浄器はバルミューダの製品にそっくりと話題(左の写真は新製品)。グローバル企業も模倣の標的に(右上)(写真=左:町川 秀人、右上・右下:ロイター/アフロ)

 日本の家電ベンチャー、バルミューダが12年に発売した空気清浄機「Air Engine」と、世界屈指のスマートフォンメーカー、小米(シャオミ)が14年12月に発売した空気清浄機「Mi air Purifier」だ。

 いずれも白色の四角で細長いデザインで、バルミューダが25cm四方。小米は26cm四方。バルミューダが発表した声明によると、外形のみならず内部構造も似ているという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2299文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 それは訴えてもムダ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。