> PART2 トップ

 「誠意を持って対応しろ」。2014年4月、自動車メーカーのスズキのお客様相談室に、そんなメールを約1200回にわたって送信し、業務を妨害した疑いで、男が逮捕された。

 犯行の動機は、顧客対応に不満を抱いたことだ。購入したスクーターの部品がなくなったことに気づき同社に相談したところ、「近くの販売店で対応する」と回答されたことが気に入らなかったのだという。当時、スズキには、同様のメールが2万通以上、ファクスが1万通以上届いていた。

 当時の捜査関係者は、「ファクス用紙1枚に1文字書き、つなげると文章になるよう送られてきていた。1枚ずつ延々と届き、通常のファクスが受信しにくいほどだった」と振り返る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1769文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 それは訴えてもムダ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。