事前の準備から交渉、統合後まで。M&Aを成功させる道は平坦ではない。だが、M&Aの成否は評価する時期で大きく異なるのも事実。M&Aを成功させるのも、失敗させるのも最後は経営者次第だ。

 「30年前、今の現状を想像できた人はいない」。国内のM&A関係者が、こう口をそろえる案件がある。ブリヂストンによる米タイヤ大手ファイアストンの買収だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1465文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 失敗するM&A 成功するM&A」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。