大金が動き、上場企業の場合には株価を大きく変動させるM&A。究極のインサイダー情報のため、取引が成立するまでその動きが表に出ることはない。そんな水面下の交渉を支えるのが、その道のプロ。黒子たちの動きから知られざる舞台裏を探る。

イントラリンクスが提供する「バーチャルデータルーム」の表示画面(写真=背景:アフロ)
イントラリンクスが提供する「バーチャルデータルーム」の表示画面(写真=背景:アフロ)

 M&Aに欠かすことのできないツールがある。「バーチャルデータルーム(VDR)」。読んで字のごとく、買われる会社のデータをバーチャルな空間で秘密裏に取り扱えるサービスだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3369文字 / 全文3592文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 失敗するM&A 成功するM&A」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。