日経トレンディが独自調査を基に毎年発表する「ヒット商品ベスト30」(今年は11月4日発表)。これを見ればその年の流行は一目瞭然。だがランクインした商品の中には数年で姿を消すものも少なくない。それだけロングセラーを育てるのは難しいということだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1601文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 俺の100年ヒット論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。