もはや劇的な技術革新が難しい市場で、いかにヒット商品を生み出すか──。この難しい命題を突き付けられているのが飲料業界だ。実際、2000年以降、大型のヒット商品はほとんど育たず、年間1000商品前後の清涼飲料が生まれながら、多くが消えてきた。