もはや劇的な技術革新が難しい市場で、いかにヒット商品を生み出すか──。この難しい命題を突き付けられているのが飲料業界だ。実際、2000年以降、大型のヒット商品はほとんど育たず、年間1000商品前後の清涼飲料が生まれながら、多くが消えてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4395文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 俺の100年ヒット論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。