あのロングセラーが、今も輝き続ける理由──。それは、各社が試行錯誤を経て編み出した、ヒット作りのノウハウの塊だ。「100年ヒット育成委員会」のメンバーが、事例に基づき、取るべき策を提言する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り344文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 俺の100年ヒット論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。