あのロングセラーが、今も輝き続ける理由──。それは、各社が試行錯誤を経て編み出した、ヒット作りのノウハウの塊だ。「100年ヒット育成委員会」のメンバーが、事例に基づき、取るべき策を提言する。