セブン-イレブン・ジャパン 古屋一樹社長
24時間営業は絶対に続けるべき
<span class="fontBold"></span> 1982年セブンーイレブン・ジャパン入社。店舗運営部門を長く担当し、2000年に取締役、16年5月に社長就任。口癖は「拡大均衡の実現」。67歳。(写真=2点:的野 弘路)
1982年セブンーイレブン・ジャパン入社。店舗運営部門を長く担当し、2000年に取締役、16年5月に社長就任。口癖は「拡大均衡の実現」。67歳。(写真=2点:的野 弘路)

 セブンイレブンの看板を掲げれば自動的に客が来てくれる時代は終わった。消費環境の変化も大きく、本部と加盟店にはこれまで以上に一体感が求められている。だが、これはチャンスでもある。マラソンと同じだ。序盤はみんなでわーっとスタートして、集団で走る。相手と差をつける機会は、みんなが苦しみ始めたときに訪れるものだ。

 9月にロイヤルティーを引き下げたが、必ずしも人件費に充当してほしいと思って実施したわけではない。1万9800店あれば、各店でそれぞれ事情が異なる。もちろん人件費に充てるのでもいいし、従業員が働きやすい環境づくりの原資にしてもらうのでもいい。

 24時間営業は絶対に続けるべきだ。社内でも見直しを議論したことはない。加盟店からも見直しを求める声は全く出ていない。よく深夜の売上高の少なさがやり玉に挙がるが、24時間営業をやめると(オーナーは閉店を見越して発注を絞るため)朝・夜の稼ぎ時にまで売り場から商品が消える。仮に午前7時~午後11時の16時間営業に変えたら、店全体の売上高が3割は減るだろう。

 客の少ない深夜は品出ししたり陳列棚を整えたりといった作業に充てられるという、店舗運営上の利点もある。30年ほど前、私が担当していた神奈川県で20軒ほど、深夜営業をやめたお店があった。だが「作業が回らない」といって、結局ほとんどの店は自ら24時間に戻した。

 私たちの提供する「近くて便利」という価値は大きい。マイクロマーケット(小商圏市場)は肥沃で、まだまだ深い。向こう3年くらいは、年800店前後を増やすよう出店していく。

オーナーの承継「とても順調」

 間違ったドミナント(集中出店)は既存店の売り上げに響くが、地域におけるシェアが35%を超えると一店一店の日販(店舗あたりの1日の売上高)は上がる。我々が60%近くのシェアを持つ栃木県や群馬県などの店舗は、大きな経済圏ではなくても日販が(全国平均を上回る)70万円近くに上る。

 地元のことを一番知っているのは本部ではなく加盟店オーナーだ。現在のフランチャイズ主体のビジネスモデルを変えるつもりはない。セブンイレブンではオーナーの代替わりもとても順調。パートナーとして心強い。(談)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1914文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 コンビニ大試練」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)