古い商慣習を打ち破り、消費者が本当に欲しているモノやサービスを生み出す─。小売りの革新者として成長してきた歴史を持つコンビニ。そのDNAを維持できるか。

 「氷もありがたいんだけど、卵や牛乳、パンなんかも売ってくれたら、もっと便利になるんだけどなあ」

 コンビニの歴史は1927年、この一言で始まった。場所は米テキサス。長時間営業で地域の支持を集めていた「街の氷屋さん」に対して、客が何気なく漏らした言葉だった。同店を運営していたのがサウスランド・アイス社。後にセブン&アイ・ホールディングスの子会社となる米セブン-イレブンの源流企業だ。サウスランド社はすぐに客の要望を受け入れ、商品の取り扱いを広げた。後に日本の隅々に広がる「便利なお店」が誕生した瞬間だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2637文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 コンビニ大試練」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。