それまで顕在化していなかった課題が事業規模の拡大に伴い次々に浮上している。リートの活用やブランド戦略の導入のほか、フラットな働き方にも工夫を加える。