12年前、2004年5月に本誌は日本電産の特集を掲載した。タイトルは「日本電産 永守重信の人間改造力」。その1年前には、人物ものコラムで永守を描いた。こちらは「無理を道理に変える“夢想家”」である。

イタリアの子会社を視察する永守社長

 1990年代半ばから永守が手掛けたM&Aは、ほとんどが破綻寸前の日本企業を買収して再建し、日本電産の血肉とするというものだった。永守はあらゆる現場に赴いて徹底したコスト削減を断行し、営業や生産体制をゼロから見直した。

 例えば2003年10月に買収した三協精機製作所(現・日本電産サンキョー)。買収前まで売上高の90~95%に上っていた総経費(単独)を、一気に80%台に引き下げた。粗利率は2002年度の4.5%から2004年度には15%に急上昇し、業績はV字回復を果たした。

 だが、永守が本当に手を砕いたのは特集のタイトルにもあった「人を変える」ことだった。

 彼は常に言う。「社員の士気の高さこそ企業の強さだ」と。

 「自分は、この会社はこの程度」「環境が厳しいから仕方ない」…。そんな人の心の限界を取り払えば、高い売り上げと利益成長は成し遂げられる。そう考え、実践してきた。

続きを読む 2/4 先読みの鋭さとリスク感覚

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3207文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 世界の果てまで永守流 日本電産」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。