一見、関係の分かりにくいM&Aの根幹には、永守社長の頭の中で描かれた「技術ロードマップ」があった。足りない技術は先回りして買い、自社技術と組み合わせて新市場・新製品・新顧客に展開する。永守社長が掲げる「2020年度に売上高2兆円」の目標。達成に向けた道筋は既に見えている。

 「手当たり次第に会社を買って規模を拡大しているだけでは」

 M&Aを繰り返す日本電産を、こんなイメージで見る人は少なくない。だが永守社長が描くのは、そうした外野の意見とは別の世界だ。

 頭の中にあるのは、数十年先の未来へと続く技術ロードマップ。IoT(モノのインターネット)、自動運転、ドローンにインダストリー4.0…。今でこそ誰もが知る次世代技術はどれも、そうした言葉が広がるずっと前から彼のロードマップの上にあった。

2020年度に向けた成長シナリオ
●各部門の売り上げ達成目標と手段の例