これまで買収した数々の海外企業が、日本電産の成長の原動力になり始めた。自ら事業を再編し、次のM&Aを主導する。そこに、「買われた」という受け身の姿勢はない。世界中のグループ会社を「横串」で貫く独自のマトリックス経営で、全体の競争力を底上げしている。

 昨年8月、日本電産は米国のある企業を買収した。フロリダ州のモータードライブメーカー、KBエレクトロニクス。買収前の売上高(2014年9月期)は28億円で、取得額は50億円。小粒なせいであまり注目されなかったものの、実は日本電産のグローバル化が新たな段階に入ったことを象徴するM&Aだった。

 この案件を主導したのが日本電産本体ではなく、米ミズーリ州セントルイスに拠点を構える日本電産モータ(NMC)だったからだ。

新たな買収でACIM事業を強化している
●ACIM部門の2015年以降の買収先企業とその事業領域
続きを読む 2/6 買収企業が次の買収をリード

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4892文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 世界の果てまで永守流 日本電産」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。