この数年で次々に買収した海外企業。その経営者や現場が変わり始めている。買収先の技術をつなぎ合わせてシナジーを生み、車載などの新事業を創出する。日本電産の成長を支えてきた「永守イズム」が世界に広がり始めた。