日本電産の創業は1973年7月23日。京都市内にある永守社長の自宅が本社だった。他のメンバーは現在CSO(最高営業責任者)の小部博志・副会長執行役員ら3人(ほか2人は既に退職)。いずれも永守社長の母校、職業訓練大学校(現・職業能力開発総合大学校)の後輩で、永守社長が28歳、一番若い小部副会長は24歳という若者ばかりのスタートだった。