京都市内で4人で創業した当時の写真。
左下が永守社長。後ろの建物は草創期の工場

 日本電産の創業は1973年7月23日。京都市内にある永守社長の自宅が本社だった。他のメンバーは現在CSO(最高営業責任者)の小部博志・副会長執行役員ら3人(ほか2人は既に退職)。いずれも永守社長の母校、職業訓練大学校(現・職業能力開発総合大学校)の後輩で、永守社長が28歳、一番若い小部副会長は24歳という若者ばかりのスタートだった。

 高校生の頃から起業するつもりだった永守社長は、職業訓練大学校の電気科でモーターの将来性に強い興味を持った。卒業後、音響機器メーカーのティアックなどを経て独立を果たしたが、その時に定めたのが「非同族」「非下請け」「世界企業を目指す」の経営3原則。最初から夢は大きかった。

続きを読む 2/3 パソコン市場拡大で飛躍

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1172文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 世界の果てまで永守流 日本電産」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。