生産性向上の取り組みの舞台はこれまで主に製造現場だった。その対象を営業や技術部門などのホワイトカラーに向けている

 JR京都駅から国道171号線を南西にクルマで走ること約20分。京都市で最も高い地上20階建てビルが突如、現れる。鎧兜の飾りをあしらったようなそれこそが、日本電産の本社だ。

京都市にある日本電産本社

 「今日もはよ帰ってな」

 午後5時半の終業時、平田智子・人事部長は部下にこう声を掛けて回る。残ろうとする部下は、その日の朝礼に「残業に必要な時間と作業内容」を申告してOKをもらった者のみだ。

 かつての日本電産は、時間を問わずモーレツに働く社員が多いことで知られてきた。創業者の永守重信・会長兼社長自ら「休みは元日だけ」と公言していたほどだ。

 そんな会社が今、働き方改革にまい進している。定時に帰るのは当たり前。社員はその分の時間を使い、習い事やプライベートな生活を充実させる。

 今年4月には、女性が働きやすい会社になるための「女性活躍推進プロジェクト」を立ち上げた。平田部長など女性部長5人が中心となり、手を挙げた22人の女性社員と議論しながら具体的な改革案をまとめている最中だ。

 やると言ったらできるまでやり抜くのが永守流の経営。鶴の一声で1年前に始まった働き方改革は、早くも実績を上げている。

 改革は2段階。従来の本社の残業時間は全従業員の平均で月30時間程度だった。まず実施したのが、平田部長のような上長による定時帰宅の声掛けだ。これだけで「残業が3割も減った」(石井健明・常務執行役員)という。