電通の新入社員、高橋まつりさん(当時24歳)が自ら死を選んだのは、昨年12月25日だった。11月上旬にうつ病を発症する前の、1カ月間の時間外労働は過労死ラインの月間80時間を超える約105時間で、長時間労働が原因として労災認定された。