イノベーションを生み出す企業には共通点がある。大きなリスクをいとわず、果敢に攻め続ける点だ。何度も打席に立ち、全力で振り切ることが、未来を開く。

 スウェーデン南部に位置するヘルシンボリ。ここに世界中から見学者が訪れるミュージアムがある。展示されているのは絵画でも彫刻でもない。企業が発売してきた失敗商品の数々だ。

 その名も「Museum of Failure(失敗ミュージアム)」。歯磨き粉ブランドが作った冷凍ラザニア、履きづらそうなプラスチック製ビジネスシューズ、ポケットに入らないくらい大きな携帯型音楽プレーヤー……。開発者の常識を疑うような失敗の「逸品」ばかりが約80点、所狭しと陳列されている。