経営者だけでなく、組織にも失敗はつきものだ。大事なのは失敗を恐れずに挑戦する文化。強い会社には失敗から得た教訓を生かし、次の成功につなげる仕組みがある。

サントリーホールディングス
失敗の残骸が変える社員の意識
「やってみなはれ」風化させない

 「『やってみなはれ』がDNAなら、きっと失敗の残骸がたくさん転がっているんだろうな」。2014年、ローソン会長からサントリーホールディングス社長に転じた新浪剛史は、同社に入る前にそんなイメージを持っていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6341文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。