今輝いている会社も、数多くの失敗を乗り越えてきた。逃げずに原因を究明し、乗り越えていくことが成長には欠かせない。

(写真=ジョブズ氏:David Paul Morris/Getty Images)
(写真=ジョブズ氏:David Paul Morris/Getty Images)

 米国ハワイで9月に挙げる予定だった結婚式を直前にキャンセルされた──。エイチ・アイ・エス(HIS)が販売した結婚式プランに対して一部顧客から不満が上がり、騒動になっている。

 キャンセル理由は、利用を予定していた式場の建設工事の遅れ。式場の運営会社にHISが8月中旬に問い合わせたところ、開業予定の9月に間に合わないことが判明した。そこでHISは急きょ顧客にわび状を送付。全額払い戻しと見舞金を支払うことを伝えた。影響は260組に及んだとされる。

 「百戦錬磨の再建屋」。HIS会長兼社長の澤田秀雄は同社を売上高6000億円の旅行会社に育てたばかりでなく、経営難に陥ったハウステンボス(長崎県佐世保市)を買収し、短期間で黒字化した手腕で知られる。

 失敗も数多い。HISは昨年8月にも国内バスツアーサイトから個人情報が流出する問題が発生。ハウステンボスではバンジージャンプのワイヤロープが切れ、けが人がでた。もちろん顧客に迷惑をかけるのは最悪の事態だ。だが、失敗するたびに同社は対策を打ち、乗り越えてきた。

HIS社長の澤田秀雄は数々の失敗を乗り越えてきた(写真=澤田氏:的野 弘路)
HIS社長の澤田秀雄は数々の失敗を乗り越えてきた(写真=澤田氏:的野 弘路)

 「失敗は成功の母。失敗の原因をとことん追究し、それを改良すれば、必ず次の成功につながる」。澤田は常々、こんな考えを社内外で語ってきた。失敗すれば顧客や取引先の信頼を失う上、大きな挫折感が伴う。だが、そこには成功のヒントが隠れている。

 HISグループは2015年、受付で人型のロボットが出迎える「変なホテル」をオープン。その後、全国に展開し、同社のホテル事業を17年11月~18年7月期で前期比30%の成長に導いた。

次ページ 「「1勝99敗の失敗の連続」