定年を迎えて再雇用した従業員の処遇について、国は明確な基準を定めていない。再雇用後に定年前より75%も低い賃金を提示され、これを不当として提訴した山本真由美さんのケースから課題を探る。