定年を迎えて再雇用した従業員の処遇について、国は明確な基準を定めていない。再雇用後に定年前より75%も低い賃金を提示され、これを不当として提訴した山本真由美さんのケースから課題を探る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1647文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「無定年」時代 年金激減後の働き方」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。