今、顧客を囲い込むには、「再利用せざるを得ない仕組み」を作るしたたかさも必要だが、一世を風靡する「ポイントカード」で、顧客を依存させるには高度な情報分析力が必要だ。より確実で副作用の少ない囲い込みの仕組みは、「平成」より「昭和」にある。

 一風変わったTシャツが、複数のTシャツ専門ネットショップで売られている。「ポイントカード持ってませんTシャツ」だ。その名の通り、胸に「自分がポイントカードを不携帯である旨」を示すロゴあるいは文字が印刷されている。

<b>ネットで販売されている「Tポイントカード持ってません」Tシャツ</b>(写真=スタジオキャスパー)
ネットで販売されている「Tポイントカード持ってません」Tシャツ(写真=スタジオキャスパー)

 価格は約1800円から。カルチュア・コンビニエンス・クラブが展開する「Tポイント」カードの不所持を主張するデザインから、ただ「ポイントカードは持ってない」と書いてあるものまでバリエーションは豊富だ。店によってはトートバッグやパーカーもある。

 断っておくと、コンビニの店員が会計の際にポイントカードの有無を尋ねるのはマニュアルであり、このTシャツを着たところでレジ前での「カードを持っているか否かの確認作業」が省略される保証はない。それでも間違いなく言えることが1つある。「『ポイントカードはお持ちでしょうか』という呼びかけを煩わしく思っている消費者は、企業の想像以上にいる」(某ネットショップオーナー)ということだ。

続きを読む 2/6 7000万人に浴びせられるフレーズ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5955文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 凄い囲い込み」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)