顧客を抱え込む最も単純な方法は、利用者の快適性を高めることだ。顧客が本当に喜ぶサービスや商品を提供すれば、嫌でもリピーターは増えていく。しかし、その単純な戦略ができている日本企業は、とても少ない。