米アマゾンが日本でも会員向けサービスを次々と拡充して、顧客の囲い込みを進める。セラーと呼ばれるサイトへの出店者の協力を得て、家電の品ぞろえや価格競争力を高めてきた。既存の商習慣にとらわれず事業展開してきたが、セラー依存はアマゾンにとって死角にもなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4927文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ヨドバシ アマゾンに勝つ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。