ストライプインターナショナルやアダストリアといった、低迷市場でも成長を続ける企業がある。従来のアパレル業界の慣習にとらわれず、思い切って事業を進化させる経営者の覚悟が際立つ。