「二正面作戦」は戦時では愚策だが、アマゾンは多くの業界を同時に襲撃する。強力な兵器と、豊富なデータ─。最前線で繰り広げられる激闘をリポートする。

 米テキサス州オースティン。ダウンタウンにあるホールフーズの旗艦店、ラマール店には同社のファンや業界関係者がしばしば訪れる。店に並ぶシーフードをその場で調理するイートインやワイン売り場に併設されたバーカウンターなど、高級食品スーパーの最先端を走ってきたホールフーズの哲学や店舗づくりが垣間見える。

 米アマゾンによる買収を米連邦取引委員会(FTC)が承認した2日後、この旗艦店を訪れると、予想に反して“黒船襲来”を歓迎するムードが漂っていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り11830文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 アマゾン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。