ガレージから生まれたネット書店は、ITの巨人たちをしのぐ巨大帝国に変貌した。株価1桁の窮地から15年、あらゆる事業に乗り出し巨大化する姿に、ライバルは戦慄が走る。

<span class="fontBold">シアトルのダウンタウンにあるアマゾンの本社一帯。世界中の植物を栽培するバイオドーム「スフィア」や社員が連れてくる犬のためのドッグパークまである</span>(写真=Hayley Young)
シアトルのダウンタウンにあるアマゾンの本社一帯。世界中の植物を栽培するバイオドーム「スフィア」や社員が連れてくる犬のためのドッグパークまである(写真=Hayley Young)

 9月7日、全米がそのニュースに沸いた。アマゾン、第2本社を建設へ──。

 米アマゾン・ドット・コムは50億ドル(5500億円)を投じて北米に新たな本社を建てる。雇用効果は5万人。その瞬間から、全米の巨大都市による壮絶な「誘致合戦」が始まった。すでにデンバーやシカゴ、マイアミ、サンフランシスコ、ニューヨークなどの大都市が名乗りを上げた。隣国カナダのトロントも参入を表明している。

 過熱するのも無理はない。CEO(最高経営責任者)のジェフ・ベゾスが創業の地に選んだ米西海岸のシアトルは、アマゾン効果で空前の活況を続けている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3095文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 アマゾン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。