技術の進化が膨大なデータを経営に生かすチャンスをもたらした。原石を磨いて光らせるか、石のまま放置するのかは、あなた次第だ。

 過去5年間で激変した大手企業のエコシステム、地方にも息づくスタートアップの意外な実相など、全国約147万社のビッグデータから明らかになった事実はこれまでにない角度から日本企業を照らしている。

 データは傍観するものではない。エコシステムを拡大させる大企業は、中小企業にとって新規受注の可能性が高い相手かもしれない。スタートアップの比率が高い県の周囲でも、起業への環境が充実してくるかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1743文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 開業なら香川県、社長のピークは40代 日本企業の新事実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。