「スタートアップが育たない」。そんな課題が指摘される日本。データからは意外な地域・企業が「ゆりかご」であると分かる。

 日本経済を次のステージに導くには大企業だけでなく、新しい企業の出現が不可欠だ。少子高齢化が進む中、中小企業は「大廃業時代」が目前に迫っており、スタートアップの成長は地域経済の活性化においても重要性が高い。非上場が大半のためなかなか実態のつかめなかった「スタートアップの世界」をデータで検証してみよう。

 今回はこの10年間に設立・創業して事業を続けている企業をスタートアップと定義。まず新規開業が活発なのはどこなのか。都道府県別で見てみた。人口の違いによる影響などを避けるため、全企業数のうちスタートアップが何%を占めるかを指標とした。

地域の先輩経営者がサポート

 トップに立ったのが香川だ。この10年間に設立された企業は2388社。観光PRで「うどん県」のCMが話題になったのは記憶に新しいが、同県がスタートアップの動向で注目されたことはほとんどないだろう。今回の結果について同県のスタートアップ担当者に理由を尋ねても「県として地道な取り組みを進めてきたのは確かですが……」と首をかしげる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5081文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 開業なら香川県、社長のピークは40代 日本企業の新事実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。