相互補完関係を築けるインドと日本。だが現実はお互いを知らず、イメージも良くない。解決には人材交流しかない。官民挙げてそのパイプを太くすべき時期が訪れている。