経営層にインド人を抜擢する世界的な動きを前に、日本企業は何をなすべきか。有能な人材に経営や事業を託し、新たな戦略やノウハウを学ぶ。そんな発想の転換が求められている。