唯一の顧客である防衛省に長らく守られてきた日本の防衛産業。輸出など“国際化”への道が開かれたが、すぐさま壁の厚さを知ることになった。防衛関連企業の試行錯誤が始まった。