日本企業の生産性が上がらない。最新の労働生産性は46年間、主要7カ国(G7)中で最下位を記録。働き方改革の一環として始まったプレミアムフライデーは定着せず、有給休暇消化率から残業時間まで生産性を示す多くの指標は改善の兆しを見せない。日本企業が本気で労働効率の向上を図るなら、従来の延長上にあるありきたりな効率化や、やる気アップ法では不十分だ。AIの発達や心理学、脳科学の知見から見えてきた、社員のやる気がいやでも湧く「凄い方法」を取材した。

(古川 湧、広田 望、津久井 悠太)

INDEX


この記事は会員登録で続きをご覧いただけます