前島密が生んだ日本の郵便システムは、田中角栄によって政治と深く関わるようになった。関係は今も続き、政権交代のたびに社長が代わる。その結果、生え抜きのリーダー不在という異常事態が起きている。