上場で日本郵政グループは利益確保を最優先する立場になる。しかし効率性を追求してこなかった官業の面影は残ったままだ。対立する民間金融機関は水面下で提携を模索。至る所に“不思議”がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7689文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本郵政」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。