都内私鉄沿線のある駅を降りると、都内でも屈指の高級住宅エリアにたどり着いた。バブル期、この界隈の公示地価は坪当たり2000万円に上った。戦後日本経済を支えた一部の成功者が庭付き一戸建てを構えた。だが30年近くがたち、住民の高齢化とともに代替わりの時期を迎えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1947文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 老後ミゼラブル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。