北海道旭川市に住む川田雄二さん(57歳、仮名)は最近、「最期の迎え方」を妻とよく話し合う。叔父が86歳で孤独死。さらに父の介護を経験、「老後」や「死」への危機感が急速に高まったからだ。