イスラエル軍8200部隊は世界で最も恐れられるサイバー部隊の1つである。一躍有名にしたのは、2010年にその存在が明らかになったサイバー兵器「スタックスネット」だ。イランの核開発施設に感染し、ウラン濃縮装置を壊すことに成功。サイバー攻撃で物理的なダメージを与えられることを世界に示した。8200部隊と米国家安全保障局(NSA)の共同作戦だったとされる。8200部隊出身で現在は情報セキュリティー会社、米サイバーリーズンのCEO(最高経営責任者)を務めるリオール・ディブ氏に直撃した。

(聞き手は吉野次郎)

米サイバーリーズンのリオール・ディブCEO(最高経営責任者)
米サイバーリーズンのリオール・ディブCEO(最高経営責任者)

単刀直入に聞きます。あなた自身がスタックスネットの作戦に加わっていたという噂があります。

ディブ氏:何のことを言っているのか私にはさっぱり分かりません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1517文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 パスワード 16億件流出」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。