米ネットフリックスなど海外の大手ネットTVが次々に日本市場を攻め始めた。世界中の視聴者をターゲットに、圧倒的な資金力でコンテンツを製作する。黒船来襲で、制作会社や演者、広告主などのテレビ離れも起き始めた。