サイバー犯罪集団や国家のサイバー部隊が、ネットの暗闇から企業に狙いを定めている。攻撃の手口は年を追うごとに巧妙になり、あらゆるモノが狙われ、被害規模は巨大化した。もはや逃げ場はない。日本を代表する大手製造各社が受けたダメージの実態に迫る。

(写真=PM Images/Getty Images)

 ソニーグループ1万7695件、東芝グループ1万635件、トヨタ自動車グループ8194件……。

 日本を代表する企業で働く社員の情報が、大量に流出していることが本誌の取材で明らかになった。確認したのは、メールアドレスとパスワードの組み合わせを記したリストだ。