2014年10月、タイ・バンコク郊外にある日系自動車部品メーカーで労働争議が勃発した。前触れなく生産ラインが止まり、工員たちが盛んに話し合いを要求する。賃金交渉を含め労使関係はうまくいっていると思っていた駐在員は慌てて現場に駆けつけ、理由を問いただした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2492文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 地球どこでも人手不足」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。