「一部の日本企業の問題は、メキシコでは優秀な人材まで安い給料で雇えると思っていることだ」 人材派遣世界最大手、アデコのメキシコ・バヒオ地区のマネジャー、ラウル・ウェバー・レアル氏はこう話す。 つまり、メキシコで日系企業が外資と比べて期待通りに人材を採れていないのは、「ケチだから」というわけだ。本誌は今回、メキシコに加えてベトナム、タイ、インドネシア、ブラジル、中国など12の国と地域を現地取材したが、全ての国のワーカーや技術者からレアル氏と同様の意見が上がった。