人材確保に苦戦する日本企業だが、今後はさらに厳しい状況が待ち受ける可能性がある。技術革新で仕事のスキルが高度化。“使える人材”が世界規模でこれから減る恐れがあるからだ。「勘違い雇用」の是正は、“地球どこでも人手不足”を解消する第一関門にすぎない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4505文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 地球どこでも人手不足」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。